アジアン ティーン

私のように美しい娘 ジェニー (ジェニリン・クルース)

 「美しい」 と思わず声がでた。ジェニーに初めて会ったとき「本当にこの子が脱いでくれるのか」と目を疑った。アイドル顔負けの整った容貌に、モデルを彷彿とさせるプロポーション。すらりと長身でカモシカのように伸びる脚。「芸能人志望かな」と聞けば、そんな意志は皆無という。「もったいない」なんて感じながらも、こっちの役目はいかに全裸までもっていくか。いつものごとく「日本のみの発売で、フィリピンには秘密だから」の説得で気持ちを盛りあげ、極小ビキニやTバックの承諾を得る。水着の紐をほどかれても意外と冷静な彼女。ならばシースルーでスケスケのあとに「全部脱いじゃおうか」とドキドキ興奮は、オール・ヌードをカメラの前にさらす彼女よりも撮っているほうだったかもしれない。まさに女神アテネの沐浴をのぞいたために盲目となったギリシア神話のテイレシアスの心境。理由のわからない罪悪感にとらわれつつ…「ああ、美しい」。これほどの“ルル”(誘惑的で魅力的な女性)をハダカにできて幸福です。

ジェニー (ジェニリン・クルース)
フィリピン/ムンティンルパ(メトロ・マニラ)生まれ
身長:165センチ。スリーサイズ:不明
 アジアン・ジュニア・シリーズに出演のライカ・ミアノの友人。家庭の事情で二年間休学したため、二歳年下のライカとハイスクールで同級生になる。本作ディレクターと親しいライカが「すごい美人がいるよ」と連絡をくれて出演が実現。九人兄弟姉妹の七番目で、父親が服役中なうえ、自分も交通事故を経験とめぐまれない境遇ながら、将来を夢みて勉学にはげむ。ちなみに交通事故でつくった脚の傷あとが唯一の美貌の肉体を汚す欠点といえる。彼女への本作ディレクターのときめきを微妙に察知し、少しライカの嫉妬を買うが、ジェニーとライカの友情は変わらない。ただし「また学費が必要なときはモデルをお願いね」の誘いの言葉を聞いて、ライカが「撮影の際は必ず、私も一緒にいますから」という。

ジェニーの画像      

演出:林 杜押瑠
ロケーション:チェルビン・ガーデン(メイカウアヤン)
収録時間:83分

制作・発売:有限会社あじぱら・エンターテインメント
商品番号:AJIP-01090 定価:\3,800(税抜)+税
発売日:2011年6月17日

直接、このホームページより通販でご購入をご希望のかたは
価格など、フィリピン女優シリーズと同じになります。
フィリピン女優シリーズと合わせてのチョイスも可能です。
くわしくはこちらから