アジアン ティーン ホット

密着全裸:大人は判ってくれる

カミール

 カミールとそうなる。「そうなりたいんだけど」とダメ元でお願いしてみれば、カミールのほうも「いずれ、そうなるんだろうな」と予感があったという。だと話が早いとばかり、撮影の約束がとんとん拍子に進む。なんて流れながら、そこは子どもの頃を知っている相手。「本当に大丈夫かな」と微妙な罪悪感が残る。だからこそ、二人っきりで素っ裸に向かい合い、数倍の興奮がわきあがる。濃厚な深いキスにくわえ、さわりっこ、なめっこの快感が刺激をかきたてる。ちょっと肉づきの発達したボディーが、もみっこの楽しさをくれる。実は既に「経験済みだね」と本人の告白を待たずにわかるも、手でいじくり放題の奔放さに反し、おクチの使用に抵抗を示す。じっと見つめ、いざチャレンジの寸前に「やっぱり無理」とおじけづく。もちろん、大切なパーツの合体に問題はなく、ややためらうこちらに「私は十分に大人だよ」と声をかける。なるほど、大人への脱皮って、こういうことなのか。大人はいいなあ、体で判り合えるから。

カミール・パキア
フィリピン/ラス・ピニアス生まれ
 アジアン・ジュニア・シリーズ『リトル・セラフィム(無邪気な精霊)』、アシドル・シリーズ『カミールの思春期』『みえすぎちゃって困る…』に出演のカミールも、そういうことの許される年ごろに育った。ボーイフレンドができて肉体的な経験を持ったようだし、学費の不足で学業を中途でやめたものの、家族を支えるために宅配レストランで働きはじめ、精神的にも自立した。そんな折に撮影の申しこみをうけ、家計のプラスにならと迷わずに承諾の返事をくれた。「そうなる内容だよ」に対し、当然「あなたとでしょ」と割りきったようす。お互いに全裸を知っているうえ、秘密の部分をさわったこともあるわけで、今さらといった感じ。もっとも、早くも二人目(二本目)に、「安売りはダメ」とアドヴァイスをおくる。
キャプチャー画像から

演出:林 杜押瑠
ロケーション:バタンガス
収録時間:78分

制作・発売:有限会社あじぱら・エンターテインメント
商品番号:AJIP-01144 定価:\3,800(税抜)+税
発売日:2015年12月18日

直接、このホームページより通販でご購入をご希望のかたは
価格など、フィリピン女優シリーズと同じになります。
フィリピン女優シリーズと合わせてのチョイスも可能です。
くわしくはこちらから